Our story

エコストアは1993年、ニュージーランドのノースランド地方沿岸部でマルコム&メラニー・ランズ夫妻によって設立されました。

その約10年前、夫妻は小川が流れる原生林が生い茂った谷間に、文明に汚されていない土地を発見しました。エコビレッジの立ち上げに参加したグループの一員である夫妻はそこに、土地に見合った家を建てました。

エコストアは、有害/不要な化学物質を一切使わないクリーニング&ボディケア製品の製造を材料の調達から手掛けることにより、人々が、健康を最優先し、清潔な環境で生活することができるようにしました。その後、多くのブランドが設立されましたが、自分の家と体を自然な方法で清潔に保つという青写真を最初に描いた真のパイオニアは、マルコム&メラニー夫妻であることは紛れもない事実です。エコストアはそのことを誇りとし、オークランドの自社工場で生産した家庭用洗剤やボディケア&ベビーケア製品を、オーストラリア、米国、アジアで販売しています。

コミュニティ

当社はニュージーランドをはじめ、人類と地球のための安全で健康な環境づくりを目指す世界中のコミュニティの一員であり、そのことを誇りとして、製品、リソース、時間、コミットメントを、多くの組織やイベント、そして目的の支援に投じています。

当社は以下のプロジェクトに積極的に参加してきました。

リサイクルステーションの試み

当社の容器がリサイクル品の収集容器に入れられたところで話を終わりにはしません。梱包材が繰り返し再利用され、リサイクルシステムが正しい方法で完結するまで見届けたいと思っています。当社が、Anchor、Tip Top、Piakoとの共同イニシアチブ「The Recycling Station」を通じて、家庭からプラスチックゴミを回収し、新製品に再生しているのはそのためです。ニュージーランドのノースランドにおけるこの試みでは、2種類の輸送コンテナを使用しています。当社はプラスチックを何度も再加工することにより、ゼロの状態から製造される梱包材の数を減らすというアイデアを気に入っています。最終的には、企業がブローバルな視点でライフサイクルと再利用を念頭に置いて製品とサプライチェーンを設計するようになり、消費者が梱包材を継続的に改善すべきアイテムとみなすようになることを望んでいます。

クラウドワークショップ

クラウドワークショップは、孤児や致命的な病に侵された家族を持つ人々のためのアートベースのプログラムです。当社はこのワークショップを通じ、モノづくりによっていかに児童が癒され、孤立感を軽減させることができるのかを肌で感じることができました。このプログラムは、約20年間にわたり弟のマークとともにエコストア製品の包装材の撮影を担当してきたデボ・スミスとの共催によるものです。

ニュージーランドの植樹祭(Arbor Week)

多くの理由により樹木は地球に欠かすことができません。当社は少しでも貢献したいと考え、本社チームをニュージーランドのオークランドに送り込み、ボランティアで植樹祭に参加しました。

エコマン

共同設立者、マルコム・ランズ

マルコムは、1986年に妻のメラニーと共にニュージーランド初のパーマカルチャーエコビレッジを創設した真のエコ推進者です。

彼はエコストアとその非営利団体 Fairground Foundationを設立する前に、非営利セクターにおける実績を積んでいます。

彼はニュージーランド環境省の「Green Ribbon Award」を受賞し、エコストアは2度にわたりニュージーランドの「Sustainable Business of the Year」にノミネートされました。ニュージーランドのエコマンとして知られるマルコムは、TVニュージーランドのグッドモーニングショーに「グリーンエキスパート」として2年間にわたりレギュラー出演しているほか、World Class New Zealand International Network の一員でもあり、その事業、保護、慈善活動における役務に対し、ニュージーランド・メリット勲章を取得しています。

2013年に出版された彼の著書『Ecoman』には、エコストアを数百万ドル規模のグローバル企業にまで仕立て上げた行動主義と起業家精神における異例の遍歴が記録されています。この本は、多くの人々がより安全で健康的な製品を求めるようになった理由、その背後にあるインスピレーションを証明するものです。

「100%天然素材から成る製品の製造におけるマルコムの取り組みの成果はエコストアの成功にとどまりません。彼はほぼ単独で、国内外の人々における環境に優しい事業を創出する必要性に対する認識を促進し、その方法を示してきました。今、世界が必要としているのはマルコム・ランズのような人間です。地球と人類の健康と幸福は、彼のような人々の取り組みにかかっています。」

– レイ・エイブリー卿、科学者、発明者、2010年「New Zealander of the Year」受賞者

旗艦店

エコストア製品の需要が増えてきた1990年代初頭、共同設立者のマルコム&メラニー・ランズ夫妻は小売店を設ける必要性を感じるようになり、エコストア発祥地であるノースランドのエコビレッジから、オークランド中心部の繁華街に拠点を移しました。今ではニュージーランドとオーストラリアの大手スーパーだけでなく、オンラインでも製品を販売していますが、旗艦店を設けた1 Scotland St, Freemans Bayという場所が当社の誇りであることに変わりはありません。

ここではエコストアの全商品とその他の多様なエコ製品をお値打ち価格でお求めいただくことができます。

オークランド店とは、電話(09 360 8477)またはEメールでやり取りしていただくことができます。