• 【HOLIDAY CAMPAIGN】

Our storyエコストアのはじまり

Our story エコストアのはじまり

エコストアのはじまり イメージ写真

1993年、マルコム・ランズとメラニー・ランズがニュージーランド北島のノースランドコーストにエコストアを設立しました。

美しい小川が流れ、原生林に囲まれた場所にエコビレッジ(Mamaki)を創設した団体の一員であったランズ夫妻は、環境に負荷をかけず、自然と共生することを大切にしたいという想いでそこに自分たちの家を建てました。

エコビレッジでは、隣接する国立公園からその綺麗な水を水道として引いていました。「美しい水を家から出た後も美しいまま自然へ戻したい」との思いから、自宅のガレージで洗剤を手作りし始めたことがエコストアのはじまりです。この時からエコストアの理念はいつも人々の健康を第一に考え、クリーンに生きる選択肢を提供することでした。

2013年、ランズ夫妻はエコストアをピーター・クラウスグループに引き継ぎ現在はパブロ・クラウスがCEOとしてブランドを率いています。
世界で最も信頼度が高く、最もサステナブルなブランドとして、人々の自然に寄り添うヘルシーなくらしを支える存在となることが私たちの目標です。

二酸化炭素排出ゼロの認証(CarboNZero認証)を受けたオークランドにある自社工場で、クリーナーや洗剤などのホームケアアイテム、ボディケアアイテムやベビーケアアイテムなどを製造し、現在も発展を続けています。

エコストアのはじまり イメージ写真